神戸市東灘区阪神御影駅前の整体院。腰痛・ヘルニア・膝痛・自律神経失調症・更年期障害などが改善されます。

腰痛治療院の選択基準

間違いのない腰痛治療のために



腰痛には、さまざまな原因があります。

  • 筋肉の疲労と硬直
  • 事故やケガによる腰痛
  • 椎間板など、脊柱の異常による腰痛
  • 内臓疾患や婦人科系疾患による腰痛
  • 心因性(ストレスや自立神経の乱れ)の腰痛 ‥‥など



それぞれの症状に応じて、受診すべき治療院は異なります。

しかし、”実際どのように、治療院を選んで良いのか分からない”

という人が、ほとんどではないでしょうか?


そこで適切な治療院選びのポイントを整理してみました。


まず最初に、次のような症状がないか、チェックしてください。

  • 寝ても座っても、どんな体勢になっても、痛みが小さくならない
  • 夜中に寝ている時も、ずっと痛みがある
  • 発熱や嘔吐がある
  • 排尿・排便異常がある

このような症状が認められる場合は、内臓の病気が疑われるので

なるべく早めに整形外科か、一般病院で受診されることをお勧めします。


整体、鍼灸整骨院、カイロ、マッサージなど、代替医療での治療は難しく

病気によっては、手遅れになる危険性があるからです。



さて、腰痛の原因が内臓の病気ではない場合、あなたは次の三つの中から
治療院を選ぶことになります。

  • 整形外科
  • ペインクリニック
  • 代替治療院(整体、鍼灸、カイロ…etc)



それぞれの治療院の特徴を、あげてみます。

整形外科

MRI検査

整形外科では、椎間板や脊柱の異常を調べるために

  • X線検査(レントゲン)
  • CT検査(コンピュータ断層撮影)
  • MRI検査(磁気共鳴画像)

などの画像検査を行います。


治療法としては以下のようなものがあります。

  • 薬物療法
    湿布・塗り薬の他、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤など
  • 運動療法
    体操やストレッチなど
  • 装具療法
    一定期間コルセットを装着する
  • 物理療法
    レーザーや遠赤外線により、患部を温める
    骨盤にベルトをかけて牽引する
  • 神経ブロック注射
    神経に局所麻酔注射をし、脳への痛みの伝達を遮断させる。


ペインクリニック

ブロック注射

ペインクリニックは、麻酔注射で痛みを取る治療院です。

日本語に訳すと「疼痛専門外来」となります。

ペインクリニックでは、腰痛をはじめとする
様々な痛みに対し、局所麻酔薬の注射を行います。
(整形外科で行っている神経ブロック注射と同じです)

代替治療院(整体、鍼灸、カイロ…etc)

ひと口に代替治療院といっても、整体、鍼灸、カイロプラクティックなど
その内容はさまざまで、多種多様にわたります。

詳しくは、追って書かせて頂きます。



治療院を選ぶポイント



内臓疾患や婦人科系疾患がない場合、腰痛の主な原因は

次の2つのうちの、どちらかとなります。

  • 筋肉の疲労と硬直
  • 脊柱(椎間板)などの異常

2つのうち、脊柱(椎間板)などの異常に関しては
画像検査で確認することが出来ます。


しかし「筋肉の疲労と硬直」に関しては、画像検査では確認できず
医師からは

「特に異常はないので、しばらく様子を見てください」

などと言われ、湿布や鎮痛剤を出されて終わるケースがほとんどです。


ここでぜひ、知っておいて欲しいことは

腰痛のほとんどの原因は、筋肉の疲労と硬直であるということです。


さらに、腰痛の原因と言われている、椎間板の異常なども

元はと言えば、筋肉の疲労と硬直が原因となって、引き起こされます。


つまり

生活習慣の間違い
↓↓↓
筋肉の疲労と硬直
↓↓↓
脊柱(椎間板)などの異常

事故やケガなどを除けば、これが一般的な、腰痛発生のパターンとなります。



まとめ



以上を総合して、言えることは

  • 内臓の病気などを原因とする、一部の腰痛を除けば
    腰痛の原因のほとんどが、筋肉の疲労と硬直である。
  • 筋肉の疲労と硬直を解消すれば、ほとんどの腰痛が改善される。
  • 再び腰痛にならないようにするために「生活習慣の改善」が必要である。



以上のことをしっかりと踏まえて、あなたに合った治療院を選んでください。

付記…

たとえ、ヘルニアなど背骨の異常がある場合でも

筋肉をゆるめることで、痛みは緩和します。


さらに「自然に治ることはない」と言われている、ヘルニアですが

筋肉がゆるみ、血液の循環が良くなることで自然治癒し

本来の形状に戻ることも、確認されています。


ですから、危険が伴う「手術」という選択は急がず、

まずは、硬直した筋肉を、緩めることに専念した方が良い、と考えられます。



【関連記事】

⇒ 腰痛(慢性腰痛)

⇒ 椎間板ヘルニア

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional