肩こり・腰痛・更年期障害・自律神経失調症・慢性的な体の不調に対応、神戸市東灘区阪神御影駅前の整体院。土曜・日曜・祝日も営業しております。

私が開院した理由 -詳細編-

私が開院した理由 -詳細編-

私は約20年間にわたり、腰痛に苦しむ一人の患者として
実に多くの治療遍歴を重ねてきました。

その流れから、やがて整体院を開院するに至ったことは
『私が開院した理由』に述べましたが

より詳細なエピソードをここに書き記しておきたいと思います。

かなり長いのでお時間のある方だけで結構です。
よろしければお付き合いください。



16歳で原因不明の腰痛に

私は高校1年生頃から、なぜか腰に痛みを感じるようになり、
どこかで診てもらおうということになりました。

何が原因で腰が痛いのか、どこへ行けば適切な治療が受けられるのか、

親も私もまったくわかりませんでしたが、近所の病院や整骨院に行けば
そのうち治るだろうと安易に考えていました。

治療院めぐりの長き旅路がスタート

今にして思えば、日常生活に大きな支障はないし、
痛みもそこまで辛いというほどでもなかったので

そのままほっとけばよかったのですが…。

そうすればいつか自然に治ったかもしれないのに、

身体の不調を処置するのは早ければ早いほど良い、

悪化する前に病院に行った方が結果早く治るだろうという

誤った考えのもと、私の治療院めぐりの長き旅路がスタートました。


腰痛を治せない整形外科と整骨院

まず最初に行った整形外科では、レントゲンやMRI検査を受け、

「まったく異常はないから心配いらない」と

喜んでいいのか、悲しむべきなのか、微妙な診察結果を言われ

MRI検査

じゃあ結局、何で腰が痛いのか?
どうすれば治るのか?

答えがないまま、湿布だけ出され帰ってきました。
その後も何度か通って出された湿布を貼りますが、当然治りはしません。


整形外科では無理とあきらめて、次に家の近所にあった整骨院に行きました。

毎日のように通いましたが、まったく治る気配が感じられません。

治療内容というと、ベッドにうつ伏せに寝かされて、
15分ほど腰に電気を当てるだけ。
ただそれだけで終わりです。いつでも何回行っても。

これっぽっちも痛みが和らいだ感じがしません。

さらに、そこの先生にも治してやろうという意気込みも感じられず、
しばらくして行くのをやめました。


そして生活圏内にたくさんあった
「整骨院・接骨院・ほねつぎ」の看板を見ては、
順に通い始めるようになりました。

電気鍼治療

しかし結局、どこも似たようなもので、
腰に電気を当てるばっかりで、やってることは
ほぼ同じ。

ぜんぜん治る気配がありません。

患者一人ひとりに向き合って、問診や検査
カウンセリングを行う所は1件も見当たらず、
本当に治す気あるの? という所ばかりでした。


そもそも会話自体がほぼありません。

しゃべるのは電気治療器のスイッチを入れる時、電気の強さ加減を

「どう?強い?弱い?こんなもんでええかな?」

と聞きながらスイッチを入れて、すぐにどこかへ消えてゆき、

時間が来たら装置を外しに来て「ハイ終わりましたよ」って。。。

それ以外の会話はほぼありません。


それでも良い治療院が見つかるまで、あきらめず探し続けるつもりで
転々と治療院めぐりを、繰り返していました。

治療費も健康保険適用で、1回数百円と負担が小さかったので、
足かけ2年ぐらい、あちらこちらに通いましたが全然治りません。

とんでもない整骨院の経営者たち

私も今こうして治療院業界に身を置くように
なってからわかったのですが

私がたまたま行った整骨院のほとんどが
患者を治すことなど真剣に考えておらず、
継続的に通わせて保険点数を稼ぐという
お金儲け主義が当たり前の感覚だったのです。


慢性腰痛を健康保険で治療するのは違法であり、
不正請求に該当するにも関わらず、私が通った
「整骨院・接骨院・ほねつぎ」の、ほぼ全てがそうしていました。

当時の整骨院業界は
「医は仁術なり」ではなく「医は算術なり」

が当たり前の感覚だったのです。

そんなこととは、つゆとも知らず

私はせっせせっせと整骨院の儲けに協力しに通っていたのでした。


盲目の鍼灸師

しばらくして親の知人から、鍼灸師で腕の良い先生がいると聞き
自宅からは結構遠かったのですが、電車に乗って行ってみました。

鍼灸院

保険が効かず、1回4千円の治療費の負担は
大きいなと思いつつも

そこの先生は、全盲の鍼灸師で
「目が見えないのに、鍼が打てるなんて
 すごい先生だ、相当やり手のはず!」

と期待に胸をふくらませて、熱心に通いました。

しかし通えども通えども、一向に痛みは変わりません。

結局、当初の大きな期待は裏切られ、ここでも治りませんでした。


指圧マッサージ系整体院とアルバイトの日々

その次に、また口コミを聞き、指圧マッサージ系の整体院に行ってみました。

入ると患者さんがいっぱいいて、とても流行っているように見えました。

予約制ではないので、行くといつも待たされ
その間、他の患者さんの治療光景が丸見えです。
腰のあたりを、強くグイグイ押したり、もんだりしています。

多くの患者さんは、そのイタ気持ちいいのが、好きみたいで

「痛いくらい指圧してもらう方が、よう効くねん。弱いのはあかん」

指圧マッサージ

とか言いながら、ご満悦のようです。


まだ高校生だった、当時の私に

『強く押す指圧マッサージは、身体に悪い』
という知識など、持ちあわせているはずもなく

「これだけ繁盛しているなら、きっと治るはず」と思い

保険がきかず、1回6千円という治療費は、大きな負担でしたが
信じて通い始めることにしました。


しかし継続的に通うには、お金の問題がありました。

当時、私が通っていた高校の授業料も
市の授業料免除制度を適用してもらうほど、貧しかった我が家において

これからも定期的に、保険の効かない治療院に通うのは
親に大きな負担を掛けて、申し訳ないと思い

腰痛治療費を捻出するためにアルバイトも

治療費を捻出するために、学校が終わったあと
毎日喫茶店で、アルバイトを始めました。

そこまでしてでも、まじめに通えば治る
と信じていました。

しかし残念ながら
結局ここでも、良くなることはありませんでした。

そして後に知るのですが、ここへ通っていた患者の改善率は、決して高くはなく

みんなただ、イタ気持よく指圧されたいがために、通ってただけなのです。。。


治療院めぐりを繰り返し、悪化した腰痛

口コミで教えてもらった、指圧マッサージでも治らず
どうしたものかと、思案していたある日

腰の痛みの度合いが、以前よりも強くなっていることに気付きました。

治る気配がないどころか、運動スポーツをしたあとの、腰の痛み具合や
体を後ろに反らせた時の、可動範囲の狭さや痛みの強さなど

悪化した腰痛

治療院めぐりを始める前よりも、明らかに状態が
悪くなっている事に気付き、愕然としました。

多くの時間と金銭的負担を費やした
その結果がこれかと。。。

そう思うと。なんとも悲しくて、自分の人生が
とても虚しく感じ始めるようになってきました。


人生最大の治療院通い

やがて高校を卒業する時期となり
経済的な面で、大学に行くことが難しかったので
就職して働くことになりました。

もうこの頃の私は、どこに行ったら、本当にこの腰痛を治してくれるのか
真剣に悩んでいました。

人に相談しても良い答えは得られず、こうなったら
しばらくの間は、安易に治療院へ行くのはやめよう

腰痛治療の本

しっかり情報収集して、自分なりに勉強してみよう
と、本屋や図書館に行って、その類の本を手当たり
しだい読んで、勉強を始めました。


それから数年後
たまたま本屋さんで、腰痛治療の本を見つけ
他にも多数の著書を出版されている、
その先生の治療院が、家から通えるエリア内にある
と知りました。

これだけ多数の著書を出している先生の
治療院だったら、きっと治してくれるだろう
と希望を抱き、治療院通いを再会することにしました。


この治療院は、仙腸関節の歪みが万病の元だと唱える
指圧マッサージを併用した、カイロプラクティック系の治療院でした。

また、ゴムチューブを腰に巻いて回せば、腰痛が治るとも唱えていました。

ここは他とは違い、1日の診療時間が短いうえに
多くの著書を出されている、名前の売れている先生の治療院だけあって
開院1〜2時間前から、ものすごい数の人が並んでいました。

またこれだけ混雑するにも関わらず、予約制を採用しておらず
診療が始まってから受付をしているようでは、2時間待ちなどザラでした。

長く待たされて、ようやく順番がまわってきそうだと思っても
それがお昼休憩の時間に重なると、先生はそそくさと休憩に行かれ
そこからさらにまた、1時間も余分に待たされました。

1回の治療を受け終わるのに、9時過ぎに受付して

帰れるのが早い時で12時頃、遅い時など14時〜15時頃になるという
とんでもなく、心も体も疲れる治療院でした。


その日1日が、ここで施術を受けるために費やされる、という感じですから

忙しい社会人にとって、とてつもなく通院の負担が大きい治療院でした。

時間的負担だけでなく、保険の効かない実費診療なので
1回5千円かかります。
たくさん通うと、金銭的負担も大きいのです。


さらにまた、先生が無愛想で、患者との会話は皆無です。

カイロプラクティック

順番が回ってきたら、横に寝かされ

院長先生の毎回決まりきった、マニュアル通りの
骨格矯正施術を2〜3分と

お弟子さんの指圧マッサージを10分ほど受けて
終わりです。

いつでも誰にでも、毎回やることは同じで
黙々と型通りの、決まったことしか行いません。

過去に通ってきた、多くの治療院と同じく
一人ひとりの身体を問診検査し、何が原因で痛みや症状が出ているのか

といったことを、確かめたりなど、まったくしていません。

整体師となった今の私に言わせれば、ありえない話です。


しかし当時の私を含め、すべての患者さんたちは
そんなことに、これっぽちも疑問を抱くことは、ありませんでした。

素人には、そのやり方が正しいかどうかの判断は、出来ないわけです…。

それでも、他に多くの患者さんが、並んでまで通っているのを見て

「きっと価値のある治療院なんだ、少々のことは我慢しよう」

と自分に言い聞かせ、自分の腰痛はここで治ると信じて
めげずに通い続けました。

ところが通えど通えど、ほんのわずかに痛みは、マシになっていますが
治ったと言えるレベルには、ほど遠い状態です。


延べ40回くらい通ったある日
マッサージしてくれているお弟子さんに、その事を相談すると

「過去どんな重症の人でも100回通って治らなかった人はいない
100回通えば、たいがい治るから」と言われ

そうか、じゃあその言葉を信じて100回通ってみよう、と思った私は

ものすごく純粋というか、お人好しというか、バカというか…。

1回5千円という治療費で40回ですから、すでに20万円も使って
ほんのわずか程度しか、痛みは取れてないのに

そこからさらに、30万円の治療費を使って、あと60回も通う決意が出来たのは
過去どこに行っても、わずかでもマシになったことは、1度もなかったのに
ここで初めて、ほんのわずかでもマシになったので、やはりここは他とは違うのではないか?

あきらめずに通い続ければ、治るのではないかと思ったのでした。

普通の人なら見切りをつけて、もう通いませんよね…(汗)

結局、律儀に100回ちょうど通いました。


少しは腰が楽になったぶん、過去1度も痛みが和らぐことがなかった
他の全ての治療院と比べ、マシと言えるかもしれません。

でも100回も通って、総額50万円も払って腰痛が治らないなんて…。

ここに来るたび、ほぼ半日以上がつぶれ、毎回何時間も待たされ
それがストレスと感じつつも、我慢して通ってこのありさまかと
もう、やりきれない思いでいっぱいでした。


でも責任はすべて、自分にあります。
まともな人なら100回も通う前に、治りそうか治らなさそうか判断出来るでしょう。

しかし当時の私には、その判断が出来ませんでした。


本屋さんで、著書が多数平積みされており
他の多くの患者さんが、自分と同じように熱心に通い続けている姿を見て
ここなら、いつかきっと治してくれる、と盲信してしまったわけです。

甘かったです。こういう思考は危険です。
変な勧誘や新興宗教にハマるタイプですね。
気を付けないと…。

結局100回プラス1回で、そこへ通うのはやめることにしました。

これこそ私の人生で、最も莫大な時間とお金を使った
治療院通いだったのでした。


低レベルな治療院に翻弄される日々

100回通いで、身も心もお財布も疲れ果てた私は

しばらくまた、治療院に行くことをいったん中断して、
だましだまし痛みと付き合っていくことにしました。

やがて時代は、パソコンを使うことが当たり前の世の中となり、
さまざまな情報をインターネットで簡単に調べられる
便利な時代となりました。

私はこれを機にネットを使って、腰痛を治してくれる治療院はないかと
再び探し始めました。

うちなら大丈夫と立派なことを言うのだが…

どのホームページも自信満々に「大丈夫です」
と書いてあります。
半信半疑ながらも、一応行って治療を受けて
みるという生活が再開しました。

保険がきく病院や整骨院では
腰痛は絶対に治らない、と確信していた私は

実費診療で、たとえ1回5千円、1万円でも構わないと思い
整体院や鍼灸院、カイロプラクティク、気功治療院など
健康保険のきかない、さまざまな実費治療院に通いました。


たとえ通うのに数時間かかる遠いところでも、
良さそうな所があれば一縷の望みを託して行ってみました。

行ってみたら案の定、大した技術もないのに、
ホームページ上で、いかにも高い改善率を誇る云々などと
誇大に宣伝している所が実に多いことを痛感しました。

まじめに真摯に取り組んでいる治療家も大勢いるのでしょうが、

今やコンビニの数より多いといわれる、整体マッサージや治療院業界。

本物と出会う前に偽物をつかまされる確率の、なんと高いことかを知り、
憤りと悲観を繰り返すのでした。


ついに知った痛みの本当の原因

多くの時間と労力とお金を費やして通ったにも関わらず、
低レベルな治療院に翻弄されるばかりで治る兆しが見られず、
またさらに独学で腰痛の研究を始めました。

自分で出来るストレッチや体操なども、さまざまやってみましたが
なかなか改善される気配はありません。

そんなある日、書店でたまたま手にとった1冊の本が
その後の私に多大なる影響を与えることになるのでした。

脳が痛みを出している

その本には、

「身体の痛みは、自分の脳がそういう指令を出して起こしている。
なぜ脳がそんなことをするのかというと

自分自身の中に継続的に抑圧された
ストレスやマイナス感情が蓄積し
脳がそれを苦痛に感じる。

そして身体に痛みを出すことによって、痛みに意識を向けさせ
ストレスやマイナス感情から脳が感じる苦痛を、ごまかそうとしている」

という理論が書かれてありました。


一般の人がこんなことを聞いても
信じがたい、突拍子もない理論かもしれません。

しかし私は、腰の痛みが気になりだした時期から、さかのぼって数年間

『抑圧された強いマイナス感情』を持って生きていましたので

その理論がストンと腑に落ち

「なるほど、そうだったのか!この腰痛の原因は脳の仕業なのか!」

と真理を得た感動を覚え
そこからさらに、脳が身体に与える影響を勉強し始めました。

脳が身体の不調をおこしている

本を読みセミナーなどに出席しているうちに

身体と脳、心や感情と身体の関係が
実に深いものであるということを
さらに理解していきました。

そしてこの時期に学んだ

『身体だけを見ていたら治らない人が多い
 脳も同時に変えていかなければいけない』

という治癒理論は、現在当院の整体手法に活かされています。


麻酔注射で脳からの痛み指令を止められるか?

『脳が痛みを出している』この真実を知り、自分の腑に落とすだけで

長年の腰痛患者の痛みが、簡単に消えてなくなるという現象が
普通に起こりえる事実を知りました。

しかし残念ながら私の腰痛は、理屈を腑に落としてもまったく消えません。

さらに情報収集し、脳からの痛み伝達命令を麻酔注射を利用して改善させる
トリガーポイント注射という治療方法があることを知り
試してみることにしました。

トリガーポイント注射を受けられる整形外科を見つけ、継続的に通いました。
ところが、打てども打てども痛みがとれる気配がありません。


そのうちそこの先生が

「トリガーポイント注射だけでは厳しそうなので、
脳の伝達系統を改善させる薬を出しますから飲んで下さい」と言われ

指示通り服用することにしました。

しかし、この薬を飲むと強烈な吐き気を催し
飲んでは吐き、飲んでは吐きの繰り返しで

いい加減辛くなってきました。

抗うつ剤を飲んで腰痛が消えるか!?

気になって、ネットでこの薬のことを調べてみると、
『うつ病の患者に処方される精神薬』であることがわかりました。

なんと、うつ病の人はこんなきつい薬を
飲まされているのか!

うつ病の人の大変さを知ると同時に、
私にこんな薬を飲ませて腰痛を治そうとする、その医師の方針についていけず
それ以降行くのをやめました。

(そもそも薬は本来毒であり、副作用や自然治癒力の低下の原因になるのに
 安易に薬を飲ませようとするとは…。)


「やっぱり整形外科はダメだ。腰痛を治す知識も技術も持ってない。」

これまでの経験でわかっていたはずなのに、『トリガーポイント注射』という
脳からのアプローチ手法に期待を膨らませて行ったのが失敗でした。
今回もまた見事に期待を裏切られました。



また他を探そうとしていたある日、たまたま自宅でとっていた新聞に
大きな特集記事として
1件のペインクリニックが紹介されていました。

『ブロック注射で肩こり・腰痛を治す名医』と紹介されており
その記事を信じて、行ってみることにしました。

ブロック注射

トリガーポイント注射とブロック注射の違いは
よくわかりませんでしたが、

実際はアプローチする理論が違うようなので、

整形でのトリガーポイント注射が効かなかったから
今回もまた無理だろう、などとは思いませんでした。


そもそも新聞記事に特集されるほどの名医なんだから、
今度こそ私の腰痛を治してくれるに違いないと期待し、通うことにしました。

しかしここでもまた、打てども打てども治る気配が見られず
やがて断念することになるのでした。

麻酔注射による脳と痛みの関係を改善するという手法は、
理屈からしていかにも効きそうだと期待しましたが、
実際の改善率はそこまで高くないということを知りました。


私はさらに、脳と痛みの関係を改善させる治療院がないか
ネットや本で探し続けました。

そこで、ある整体師養成学校の技術理論に
「脳からのアプローチで、高い改善率を誇る整体技術云々」

と書いてあるホームページを見つけたのでした。


ようやく出会った本物の整体法

長きに渡って多くの治療院に、翻弄され続けてきた私ですが
今度ばかりは直感的に、この整体理論は本物だ、という気がしました。

その学校のホームページを隅から隅まで読み漁り、
またその学校の卒業生が開院している、整体院のホームページも読みました。

次々と読みすすめるうち、ある整体院のホームページに目が止まりました。

そこには、全国に身体の痛み苦しみで困っている人が、星の数ほどいるのに
ちゃんと痛みが取れる、本物の技術を提供している治療院が少なすぎる
ことを憂い

整体院を運営する傍ら、ご自身の持っているノウハウを教え
『本物の整体師を育成する』という整体塾を開講されていました。

私はとにかく、この腰痛を治してくれればそれでいいんだ、と思いつつも

「本物の技術を提供している治療院が、少なすぎることを憂い
 本物の整体師を育成する」

という言葉が、頭の片隅に残り離れませんでした。

なぜならこれまで、自分自身がそのことを実際に経験し、
痛切に味わってきたことと、同じことを言っているからです。

なぜか私は、この整体院に行かねばならないような気がして、
とりあえず施術の予約を入れ、受けに行くことにしました。

驚くべき無痛自然整体の効果

実際に初めて受けたその整体は、
手脚を揺らしたり回したりするだけの
何をしているのかさっぱりわからない

けれどもなぜかとても気持ちが良くて
全身が脱力し、眠たくなってくるという

これまで受けてきたどの治療法にもない
不思議な感覚を味わったのでした。

そして、施術が終わった直後の身体の軽いこと。

たった1回の施術でここまで身体が楽になったことは
過去経験がありません。


ここならきっとこの腰痛も治るに違いないと思い
続けて通ってみました。

すると施術を受けるごとに、過去どこの治療院でも味わったことのない
身体の軽さ、楽さを体感しました。

すごい!本物だ!
私は一人の患者として施術を受けると同時に

驚くべき無痛自然整体の効果

たいしたことをしてるようには見えない、この整体で

なんで、ここまで身体が変わるのか
詳しく理論を知りたくなり、この整体院の
ホームページやブログを読み漁りました。


読みすすめるうちに
このまま一人の患者として通い続け
この腰痛を治すのもいいけれど

ここの整体塾でプロの治せる技術を教わり
自分で自分の身体を治す、という方法もあるのではないか?

その技術があれば、自分の身の回りにもたくさんいる

腰が痛い、肩が痛い、膝が痛い、という人たちを
私が治してあげられるのではないか?

さまざまな思いが交錯しながら、思い切ってその先生に
整体師養成塾について、詳しくお話しを伺ってみました。


整体師養成塾入門

先生から詳しくお話しを聞いてるうちに
私の気持ちは、整体師養成塾に入門したい
と思い始めるようになってきました。

自分で自分の身体をケア出来る
家族や友人など、身の回りの身体が痛くて困っている人に
整体をやって治してあげられる。

痛みで苦しむ人を助けたい

それもある。そして、それもいい。

しかしそれ以上に、世の中には
私のようにどこに行っても治らなくて
辛くて困っている人が星の数ほどいるだろう

あるいは

治す技術を持っていない、デタラメな治療院
本気で治す気のない、金儲けしか考えていない治療院に
泣かされている人もたくさんいるだろう。

私自身がかつて味わってきた、時には涙するほどの
肉体的苦痛・精神的苦痛・金銭的苦痛・多大なる時間と労力の浪費など

私と同じようにこれらの苦痛にあえぎ、苦しんでいる人達を
助けてあげられるのではないか?

そんな想いが湧き上がってきました。


しかし当時私が勤めていた会社は
バブル崩壊以降のどん底の不況にも影響を受けない
業績好調な会社。

私自身も会社に大きな不満もなく仕事は順調で、
このまま定年まで勤め続けても何の問題もない状況でした。

そんな状況を考慮すると、

整体への道or大切な家族

家族を養うべき立場の私が
いくら整体の仕事をしたいと言っても

当然、皆が納得するはずもなく、
すったもんだのやりとりがありました。

何度も家族会議を重ね、最後まで賛成意見は出ませんでしたが、
もはや私の決意は相当強くなっており

ありがたいことに?

「1回言い出したら、なんぼ言うても聞かんわ」

と妻も、私の性格をよく理解してくれているので、

なんとか整体師養成塾に入門出来ることになりました。


ひたすら整体修行の日々

会社員を続けながら、整体塾で一生懸命勉強したり

整体修行の日々

一般の方へボランティア整体を行う
忙しい日々が数年間続きました。

仕事で休日出勤がよくありましたから、
休みといっても結局仕事に行ってるか、
整体をしているかで休みらしい休みもなく、

当時幼かったわが子たちと遊んであげる
こともめったになく、

整体の勉強と同時に多くの人に施術を行い、経験を積んでいきました。

整体修行の日々

やがてその努力も実り

さまざまな不調を持った人たちの体調が
明らかに改善されているのを目の当たりにし

今の自分ならプロとして充分やっていける

いやそれどころか、そこいらの治療院よりも
良い結果を出せると
確固たる自信を持つに至りました。


そして数年間の整体修行の末、満を持して整体院を開業させて頂いたのでした。



【関連記事】

⇒ 腰痛(慢性腰痛)

⇒ 私が開院した理由

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional